相続・遺言相談室

普通方式の遺言

 普通方式の遺言には、
  自筆証書遺言
  公正証書遺言
  秘密証書遺言
の3つの方式が定められています。

 この定められた方式以外の方式による(特別方式でない)遺言は、遺言としての法的な効力がありません。
 これら3つの方式ついて説明する前に、遺言できる内容について説明しておきます。

 遺言によって、法的な効力を持って定めることができる事項については、民法等の法律によって規定されています。
 したがって、遺言の方式だけでなく、遺言できる事項についても、法律で決まっているということになります。
 このことをよく理解しておくことが、有効な遺言書作成し、遺言者の死後に問題がおきないようにすることにつながります。

PageTop