相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特に遺言の必要な場合(その1)

1. 法定相続でよいと思っても遺言が必要な場合

(1)財産分割の方法を決めておいた方が良い場合

1) 相続人同士の仲が悪くもめそうな場合

    法定相続分は、たとえば夫が妻子に相続させる場合、妻が1/2、子が1/2と
   なっていますが、子が複数いる場合はさらに等分で分割されます。

    分割の割合は決まっていても、実際に財産を分割するとなると、必ずしもすっき
   り分けられない場合もあります。特に家や土地の不動産の比率が大きい場合は、現
   物を分割できずに持分の設定ということもあります。

    子間で仲が良くないものがいる場合、分割協議がスムーズに進まなくなることも
   予想されますので、このような場合は、遺言で分割方法を指定しておくことが必要
   となります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。