相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特に遺言の必要な場合(その6)

3.法定相続人の中に相続させたくない人がいる場合

(1) 素行不良者に相続させたくない場合

   素行不良等で相続させたくない相続人がいる場合は、生前に廃除手続をしておくべ
  きです。

   しかし、何らかの事情で、生前に廃除手続ができない場合は、遺言で廃除する旨を
  明示しておく必要があります。
   廃除しないで、相続させない(相続割合なし)とするだけでは、遺留分請求の権利
  が残り、争いの元になりかねません。

   遺言で相続人を廃除する場合は、遺言執行者の指定をしなければならず、遺言執行
  者が家庭裁判所に廃除手続を行うことになります。

(2)相続人に行方不明者がいる場合

   相続人に行方不明者がいる場合は、遺産分割協議が大変になり、残る相続人に大き
  な負担をかけてしまいます。
   遺産分割協議は、相続人全員の参加が必要で、行方不明者については、家庭裁判所
  に不在者財産管理人の選任を申立てなければなりません。

   したがって、相続人に行方不明者がいる場合は、行方不明者への相続をどうするか
  も含めて遺言が必要です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。