相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特に遺言の必要な場合(その7)

4. 法定相続人以外の人に相続させたい(遺贈したい)場合

(1) 内縁の妻に財産を残したい場合

   実質的に夫婦として長年過ごしてきた場合でも、婚姻届を出していない(事実婚)
  と、法律的には夫婦と認められないため、配偶者に相続権はありません。
   したがって、内縁の場合で配偶者に相続させたい場合は、必ず遺言が必要となりま
  す。

   内縁の妻との間の子についても、認知あるは養子縁組をしていないと、他の親族と
  の間で争いの元になりますので、きちんと手続をするか、遺言で相続させることを明
  確にしておく必要があるでしょう。

(2) 亡き子の妻に財産を残したい場合
 
   子どもが先に死んで、その妻に日常生活の世話を受けているような場合、子の妻に
  も相続させたいということがあります。
 
   子の妻には相続権がありませんので、このような場合は、遺言で子の妻にも財産を
  遺贈することを明示しておかなければなりません。

(3) 特に世話になった人へ財産を贈りたい場合

   相続人以外で、特にお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて財産を贈りたい(遺
  贈したい)場合は、遺言がなければ実現できませんので、必ず遺言書を作成しましょ
  う。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。