相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遺言の方式

 遺言は、民法の定める方式によらなければ、その効力がないと定められています。
 民法が厳格に遺言の方式を定めている理由は、遺言書が遺言者の死後に効力を発揮するものであることから、遺言者の生前最後の真の意思を表していることを確かなものにするとともに、遺言書の偽造や改変を防止することにあります。

 民法は、遺言の方式を、普通方式と特別方式に大別していますが、ここでは普通方式の遺言について説明していきます。

 ちなみに、特別方式は、病床で死が迫っている場合や、船で遭難した場合等のように、普通方式の遺言ができない事情がある場合に認められる方式です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。