相続・遺言相談室

特に遺言の必要な場合(その10)

7.遺言執行者の指定

(1)遺言執行者の指定が必要な場合

   遺言で

   ・ 相続人の廃除
   ・ 子の認知

  を行う場合は、遺言執行者の指定が必要となります。

   これらは、遺言だけで実現できるものではなく、役所への手続きが必要となります
  ので、遺言執行者が遺言に基づいて手続きを行うことになります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する