相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特に遺言の必要な場合(その11)

(2)遺言執行者を指定した方が良い場合

   一般的には、全ての遺言について、遺言の内容を確実に実行するためには、遺言執 
  行者を指定しておく方がよいといえますが、特に指定しておいた方が良いと考えられ
  るのは、以下のような場合です。

   ・相続人以外に遺贈をする場合
   ・土地の分筆登記が必要な場合や遺産を売却した代金で分割するような場合
   ・生命保険受取人の変更や財団法人の設立、信託の設定等を行う場合

   相続人以外の人が関係する場合や手続きを必要とする場合は、遺言執行者を指定し
  ておいた方が、遺言内容の実現が確実に行われることが期待されます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。