相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公正証書遺言の利点・欠点

 公正証書は、公証人がその権限に基づいて作成する公文書ですから、その文書が作成名
義人の意思に基づいて作成されたことについて高い証明力を持っています。

 また、法律に厳格に定められた遺言の方式にしたがって作成されています。

 加えて、原本が公証役場に保管されますから、遺言書が変造・破棄あるいは隠匿される
などの危険性を回避することができます。

 したがって、遺言者の意思や遺言の方式をめぐる相続人間の争いが起こる可能性は少な
いといえます。

 家庭裁判所の検認手続も不要ですから、相続の諸手続きを迅速に行うことができます。

 したがって、自筆証書遺言の方式に比べて、はるかに安全、確実な方法であるといえま
すが、その半面、手間や費用がかかるのが欠点といえば欠点です。

 また、作成に第三者がかかわることから、遺言内容を本人以外の人が知ることになりま
すので、知られたくない事情がある場合は、大きな欠点になるかもしれません。

 しかし、遺言の最大の目的は、遺言者の死後に、相続人によって遺言内容が確実に実現
されることですから、公正証書による遺言は、最も推奨される方法であるということがで
きます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。