相続・遺言相談室

遺言事項以外の遺言

 しかしながら、遺言者の意思として、遺言事項以外のことを遺言書に記載することは、遺言者の死後の争いを避けるために有効な手段となりうることも多々あります。

 また、遺言者の「気持ち」を伝えることが、残された遺族にとって支えや慰めになることもありますので、法的に効力がないから遺言書に書いても無駄ということではなく、むしろ、法的な効力に関係なく遺言書を活用することも必要かもしれません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する