相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自筆証書遺言

 普通方式の遺言には、前述の通り、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方式が定められています。

 自筆証書遺言は、その名の通り、遺言者が遺言の内容全文、遺言書を作成した日付および遺言者の氏名を自筆で書き、さらに押印することによって、初めて遺言書として法律で求められている書式を満たす遺言の方式です。

 自筆証書遺言は、遺言者が、独りで他人からの干渉を受けることなく、いつどこででも作成することができる最も簡便な方式です。
 証人も必要ないことから、遺言書の内容はもとより、遺言書の存在自体も秘密にしておくことができ、作成費用もかかりません。

 その反面、法律で定められた書式を満たしていなかったり、遺言の内容が不明確であったりして、遺言書として有効に認められないということも起きる場合があります。
 また、偽造や変造をされやすく、遺言者が自書したものかどうかで紛争を起こしやすいという問題もあります。

 それゆえに、遺言書を作成するときは、行政書士等の専門家に相談することが、問題の発生を予防することにつながると思います。
 (自筆証書遺言の要件については、後に詳しく解説します。)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。