相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公正証書遺言

 公正証書遺言は、遺言者が、証人2人の立会いのもとで、公証人に対して遺言書に書きたい内容を口述し、公証人が遺言の内容を文章にまとめて、遺言書として作成するものです。

 作成した遺言書は、公証人が、遺言者および証人の前で読み上げ、内容を確認したら、遺言者本人と証人2人および公証人が署名押印します。
 公証人は、裁判官や検察官等の経験のある法律の専門家であり、遺言書自体の法的な問題は、より起こりにくいと考えられます。

 公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されますので、破棄されたり隠されたり、偽造・変造等の心配もなくなります。
 また、家庭裁判所で検認の手続を経る必要がないので、遺言者の死後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

 したがって、公正証書遺言は、自筆証書遺言と比較すると、安全確実な方法であるといえますが、公証人や証人という他人がかかわること、および費用のかかることが難点と言えるかもしれません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。