相続・遺言相談室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秘密証書遺言

 秘密証書遺言は、遺言者が、遺言の内容を記載した書面に署名・押印をした上で、封筒に入れて封をし、遺言書に押印した印と同じ印で封印します。

 遺言者は、それを公証人および証人2人の前に提出し、自身の遺言書であることおよび遺言者の氏名・住所を申述し、公証人がその封紙上に日付および遺言者の申述を記載し、遺言者および証人2人と公証人がその封紙に署名・押印することにより作成されます。

 封入される書面は、自筆証書遺言と違って自書である必要はないので、パソコン等を用いてプリントしたり、他人が筆記したものでもかまいません。(ただし、この場合でも、遺言者本人の署名・押印は必要です。)
 上述の手続により、その遺言書が遺言者本人のものであることを確認にできる上、遺言の内容を公証人や証人に対しても秘密にすることができます。

 一方で、公証人は、その遺言書の内容を確認することはできませんので、遺言書の内容に法的な問題があったり、内容が不明確で紛争が起きる危険性がないとはいえません。

 また、秘密証書遺言は、公証役場に保管されませんので、破棄されたり隠されたりする心配もあります。
 さらに、秘密証書遺言は、自筆証書遺言と同じく、家庭裁判所の検認手続を受けなければなりません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。